タイでの自毛植毛、所要日数10日に短縮!

こんにちは。ディープラスです。

当社が提携しているタイ・バンコクのヤンヒー病院での自毛植毛(1グラフトあたり80バーツ:約250円)ですが、一般的な最短所要日数が14日から10日に短縮されました。これでよりご利用いただきやすくなるのではないでしょうか。具体的なスケジュールは以下の通りとなります。

1日目:    カウンセリング+シャンプー
2日目:    施術
3日目:    シャンプー
4〜5日目:   なし
6日目:    術後検査
7〜8目:   なし
9日目:    抜糸
9日目の夜以降:帰国可能

1日目の早朝にバンコクに着けない場合は、前泊が必要となりますので1日長い滞在が必要となります。

興味をお持ちの方は、植毛を行いたい部分を中心とした頭部の写真数枚と共に下記メールアドレス宛にお問合せ下さい。ヤンヒー病院の医師に確認し、相応しいグラフト数と共に見積りを送らせていただきます。以下についてもお知らせください。
・お名前
・日本で利用する空港
・ご希望の日程
・ホテル一泊当たりのご予算(3,500円程度〜とお考えください)

ご連絡、お待ちしています。


ディープラス
e-mail: info@dee-plus.com
電話:  045-326-6427

 


タイで自毛植毛 術後検査・抜糸

施術の翌日は、病院でシャンプーです。職員が丁寧に洗ってくれます。その後、医師が状態を確認して、問題ないとのこと。4日間は、病院から出された殺菌作用のあるシャンプーを使い、その後は市販のシャンプー(刺激の少ないもの)でOK。2週間は1日に2回洗髪となります。

その後、施術の4日後に術後検査、7日後に術後検査・抜糸と問題なく進み、患者さんは帰国されました。

植毛した毛は、0.5cm位まで伸びて一旦抜け落ちて、半年ほどで新しい毛が生えて定着します。

ご興味のある方はお気軽に下記までお問い合わせください。見積りはもちろん無料です。


ディープラス
e-mail: info@dee-plus.com
電話: 045-326-6427


タイで自毛植毛◆〇椽僂任

この日は施術です。

医師が改めて植毛する場所・範囲をペンで書き、お客様にそれで良いかどうか確認します。お客様のOKの回答で、引き続き準備が進められます。施術は局所麻酔下で行われますが、鎮静剤の作用で眠った状態で行われます。

「それでは、13:30頃に患者さんを迎えに来てください」と言われ、患者さんを施術室へ見送ります。後は無事に、成功裏に終わるのを願うのみです。

13:30頃病院に行くと、お客様は「観察室」でまだ寝てました。無事に終わってます。1時間ほど「観察室」にいるようなので、その間に術後の注意事項の説明を受けます。 病院から帽子が渡され、「この帽子は殺菌済みですから、しばらくは外出する時はこれを被って下さい」。当日は絶対に髪を洗い流したり、シャンプーしたりしないで下さい等々。

目を覚ましたお客様も特別問題ないようでした。額の感覚があまりないことを除いて。この感覚は1週間以内には元に戻るでしょうとのことです。

また翌日シャンプーに来るように言われ、終了です。自分でシャンプーするのは翌日病院で最初のシャンプーをしてもらって以降となります。

それでは続きはまた。


ディープラス
e-mail:indo@dee-plus.com
電話:045-326-6427

タイで自毛植毛 .縫ビが問題ですね・・・

こんにちは。ディープラスです。

今回は、タイの当社提携病院(ヤンヒー病院、在バンコク)でお客様が自毛植毛を受けられましたのでその様子をご紹介したいと思います。

このお客様は、写真を含む事前の病院とのやり取りで、医師からは1,200〜1,500グラフトの移植が相応しいとのアドバイスをもらっていましたが、予算の関係もあり、最終的には900グラフトを移植することにしました。

事前の写真診断での懸案事項は「ニキビ」でした。このお客様はまだ20歳と若いこともあり、額にニキビがあったのですが、 ニキビの周辺には植毛はできないという医師の診断でした。その旨お客様にもお伝えしたのですが、「現在残っているニキビは2年前からのものの跡であり、新たなニキビはなく安定している」から、何とかできないかとの返信が帰って来ました。

改めて医師にその旨伝えて確認したところ、そういうことなら大丈夫でしょうとの回答で、今回の訪タイが実現しました。ただ、実際の診察時に実際にニキビを見た結果、やはりその周辺には植毛できないという判断を医師が下す可能性も否定できないため、その点ははっきりとお客様にも伝え予め了解していただきました。

一昨日11日に施術前の診察を受けました。そこで医師に何と言われるかドキドキしながら。案の定、医師はニキビを注意深く見たり・触ったりしながら診ています。「これはもしかしたらヤバイかも」との思いがよぎります。すると医師が、「このニキビの部分は他の部分に比べて感染症のリスクが高くなります。それでもやりますか?」と聞いてきました。感染症を引き起こしてしまうとどうなるのかを確認すると、移植したグラフトが定着せず抜け落ちしてしまうとの回答でした。それをお客様に伝え・確認すると「それでも構わない。やります」との回答。これにより今回の植毛は実施されることになりました。

引き続き、植毛する場所・範囲をペンで書いていきます。「こんな感じでいいですか?」との医師の問い掛けにお客様は「はい」と回答。施術前に使う殺菌作用のあるシャンプーの使用法の指示を受け、ニキビに塗る軟膏を処方してもらい診察は終わりました。

診察室の外で手続きを待っているとお客様が、「やっぱり、左右のM字の部分により多く植毛してもらいたい」と仰るので、再度医師に会わせてもらいその旨伝えました。「そうすると、額の植毛の下端は全体的にもう少し上に上がることになりますがいいですか?」。お客様もそれでOKですので、その様にお願いしました。

施術は次の日、朝8時からです。

長くなってしまいましたので、続きは次回へ・・・。


お問合せはお気軽に以下までどうぞ。
ディープラス
e-mail:info@dee-plus.com
電話:045-326-6427

海外旅行先のタイで人工透析をお受けいただけます!

人工透析が理由で海外旅行をあきらめていた方、バンコクでは総合病院で日本語でお受けいただけます。

当社が提携しているバンコクのサミティベート病院スクンビットでは、旅行や出張でバンコクに一時的に滞在している方々向けにも人工透析治療を提供しています。同院は、タイでも有数の私立総合病院で、日本語通訳(タイ人職員だけでなく日本人職員も勤務しています)が常勤し、バンコク在住の多くの日本人にも利用されています。

透析の種類は、血液透析(HD)と血液透析濾過(HDF)に対応しており、テレビ付きの個室で快適にお受けいただけます。終了後は、旅行をお楽しみください。

予約ができた後に所定の書類をお送りしますので、現在掛かっている医師或いは医療従事者に記入してもらい返送してください。

2か月前から予約をお受けしています。詳しくはこちらでご確認ください。

当手配サービスのご利用は一切無料ですので、ご質問等ありましたら、以下のお問合せ先へお気軽にご連絡ください。


お問合せ先
ディープラス
Eメール:info@dee-plus.com
電  話:045-326-6427 

タイでの人間ドック、12月中がお得です!

当社が提携しているタイ・バンコクのサミティベート・スクンビット病院ですが、人間ドックの料金が来年1月から値上げされてしまいます。

サミティベート病院

残念ですが、この値上げ及び昨今進んでいる円安の影響で日本円にすると2,300円〜2,800円程度の値上げになりそうです。

お知らせが直前になり申し訳ありません。もし、近いうちにと考えていらっしゃり、今月中に受けることも可能な方は是非今月中にお受けいただくことをご検討下さい。

検査内容及び料金・お申込みはこちらからお願いします。よろしくお願いします。


お問合せは下記までお気軽にお願いします。
ディープラス
Eメール:info@dee-plus.com
電  話:045-326-6427

タイ政府観光庁の視察旅行に参加してきました

 タイ国政府観光庁(TAT)の主催で、9月10日〜14日の日程でバンコクで開催された Thailand Medical Tourism & Wellness Trade Fam Trip 2012  タイランド・メディカル&ウェルネス・ツーリズム研修 2012に参加してきました。

この視察旅行は、タイのメディカルツーリズムを振興する目的で、日本・オーストラリア・アメリカ・ロシア・シンガポール等19ヶ国から関係者を招いて、病院やクリニックの視察や商談会を行うものです。カザフスタンやネパールからの参加者もいたのは驚きでした。タイにはいろんな国から患者さんが来ているんですね。

総裁挨拶
開会式で挨拶するタイ国政府観光庁総裁

朝から夜までびっしりとスケジュールが組まれていて、かなり疲れましたが収穫はありました。今回特に印象に残ったのは以下の治療です。
・歯の矯正
・乳がん手術と同時に行う乳房の再建
・乳がんで切除された乳房の再建
・不妊治療
・ロボットによる植毛

歯の矯正は長期間必要となり、その間定期検査と調整が必要になるので日本に住んでいる方には難しいと思っていましたが、今回訪問したクリニックの中に、日本に提携先がありそこで定期検査等を行えるところがありました。

ロボットによる植毛は、従来行っている後頭部の皮膚の切除を行うことなく、ロボットが直接移植片を一つづつ採取していく方法とのことです。

乳がんで乳房切除をしなければならなくなった場合、日本では切除手術と再建手術は別々に行われていると思いますが、今回訪問した総合病院では同時に行うことが出来ます。

これらの施術についてもう少し詳しく調べたのちに、当社のウェッブサイト上でご紹介していきたいと考えています。

それ以前でもお問い合わせは受け付けておりますので、ご興味のある方はお気軽に下記までお問い合わせください。


ディープラス
Eメール:info@dee-plus.com
電  話:045-326-6427


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM