タイで自毛植毛 .縫ビが問題ですね・・・

こんにちは。ディープラスです。

今回は、タイの当社提携病院(ヤンヒー病院、在バンコク)でお客様が自毛植毛を受けられましたのでその様子をご紹介したいと思います。

このお客様は、写真を含む事前の病院とのやり取りで、医師からは1,200〜1,500グラフトの移植が相応しいとのアドバイスをもらっていましたが、予算の関係もあり、最終的には900グラフトを移植することにしました。

事前の写真診断での懸案事項は「ニキビ」でした。このお客様はまだ20歳と若いこともあり、額にニキビがあったのですが、 ニキビの周辺には植毛はできないという医師の診断でした。その旨お客様にもお伝えしたのですが、「現在残っているニキビは2年前からのものの跡であり、新たなニキビはなく安定している」から、何とかできないかとの返信が帰って来ました。

改めて医師にその旨伝えて確認したところ、そういうことなら大丈夫でしょうとの回答で、今回の訪タイが実現しました。ただ、実際の診察時に実際にニキビを見た結果、やはりその周辺には植毛できないという判断を医師が下す可能性も否定できないため、その点ははっきりとお客様にも伝え予め了解していただきました。

一昨日11日に施術前の診察を受けました。そこで医師に何と言われるかドキドキしながら。案の定、医師はニキビを注意深く見たり・触ったりしながら診ています。「これはもしかしたらヤバイかも」との思いがよぎります。すると医師が、「このニキビの部分は他の部分に比べて感染症のリスクが高くなります。それでもやりますか?」と聞いてきました。感染症を引き起こしてしまうとどうなるのかを確認すると、移植したグラフトが定着せず抜け落ちしてしまうとの回答でした。それをお客様に伝え・確認すると「それでも構わない。やります」との回答。これにより今回の植毛は実施されることになりました。

引き続き、植毛する場所・範囲をペンで書いていきます。「こんな感じでいいですか?」との医師の問い掛けにお客様は「はい」と回答。施術前に使う殺菌作用のあるシャンプーの使用法の指示を受け、ニキビに塗る軟膏を処方してもらい診察は終わりました。

診察室の外で手続きを待っているとお客様が、「やっぱり、左右のM字の部分により多く植毛してもらいたい」と仰るので、再度医師に会わせてもらいその旨伝えました。「そうすると、額の植毛の下端は全体的にもう少し上に上がることになりますがいいですか?」。お客様もそれでOKですので、その様にお願いしました。

施術は次の日、朝8時からです。

長くなってしまいましたので、続きは次回へ・・・。


お問合せはお気軽に以下までどうぞ。
ディープラス
e-mail:info@dee-plus.com
電話:045-326-6427


calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM