タイで歯のインプラント(施術前編)

4月22日にバンコクの当社が提携している歯医者で歯のインプラントを入れてきました。

約2ヶ月前に、日本の歯医者で以前からもう治療のしようがないと言われながら様子を見ていた(そのままにしていた)歯がバンコク出張中に痛み出しました。柔らかいものを食べてもとても痛く、数日我慢した後に歯医者へ行きました。医師の診断は日本でのものと同じ。「治療のしようがないので抜くしかない」。

「放って置くと菌が回り良くないので今日抜いてしまいましょう」というようなことを確か言われました。そのうち抜かなければいけないとは考えていましたが、すぐ抜くことになるとは考えていませんでしたのでかなり焦りました。ただ、どうせ抜かなければならないのであれば同じだと思い抜いてもらいました。

その隣の歯は内側に傾いて歯並びが悪くなっていました。以前虫歯になり治療もしていましたが、医師いわく、「この歯も数年で抜かなければならなくなる可能性が高いですね。抜いた方がいいですよ。残しておくと、これから入れるインプラントにも悪影響が出ます」。1本抜いただけでも結構ショックだったのにさらにもう一本抜いた方が良い?確かに、歯並びが悪いことによって歯垢がたまりやすいだけでなく、上の歯と噛み合っていないのでものを食べる時にも何の働きもしておらず有っても無くてもまるで影響の無い歯ではあったのです。ただ、日本に帰る日もそう遠くなかったので、その日は決断せず、抜くとしても日本で抜くことにしました。

日本に戻ってから歯医者に行きましたが、やはり同様のことを言われ抜く決心をしました。もうすぐ抜歯に掛かるのだろと思っていたら、「今日は歯垢を取って次回抜きましょう」。タイと日本の違いなのかな〜などと思いつつも、抜くものだとばかり観念していただけに拍子抜けしてしまいました。

その1週間後に抜歯したのですが、こちらも拍子抜けするほどあっさり終わりました。バンコクでもそうでしたが、最近は麻酔の注射を打つ箇所に予め痛み止めの薬を塗ってから打つので、ほとんど痛みはなく、抜歯自体もそれほど時間も掛からずに終わりびっくりしました。

ということで、ちょっと長くなってしまいましたので今回はここまでにして、施術本番については次回お知らせしたいと思います。


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM