タイでの人間ドック、再値下げしました!

JUGEMテーマ:健康

こんにちは。

 

今日は、タイの当社提携病院サミティベート・スクンビット病院(バンコク)での人間ドックの値下げのお知らせです。今年5月に、円高を反映させて値下げさせていただきましたが、円高が安定的に継続しているため今回さらに最大で2,000円値下げさせていただきました。

各プログラムの詳細(検査内容・料金)はこちらでご確認いただけます。

サミティベート・スクンビット病院(バンコク)は、タイ最大の病院グループであるバンコク・デュシット・メデイカル・サービス・グループに属し、タイの富裕層及び日本人を含む外国人を顧客としています。建物はちょっとしたホテルの様な造りで、サービスも日本の一般的な病院のそれとは異なるレベルを感じていただけると思います。日本人職員及びタイ人の日本語通訳も常駐しており、結果報告書は日本語で発行されますので、言葉の面でも不安を感じることなくご利用いただけます。

今度のタイ旅行では、観光だけでなくご自身の健康管理、そして外国の富裕層・外国人を顧客とする病院を体験してみるのも面白いのではないでしょいうか?

お問い合わせは、下記までお気軽にご連絡ください。
ディープラス
Eメール:info@dee-plus.com
電   話:045-326-6427


大手ホテル予約サイトのコラムでタイへの医療観光が紹介されています!

JUGEMテーマ:健康
皆さんこんばんは。

今日は、大手ホテル予約サイト「ホテリスタ(旧アップルワールド)」のコラム「初夏スペシャル対談:2016年日本人はどこへ行く!?(後編)」の中でタイ・バンコクへのメディカル・ツーリズム(医療観光)が取り上げられていたのでご紹介したいと思います。記事はこちらからどうぞ。コラムの執筆者も、利用して満足できたようです。

「新たなブームになりつつあるメディカルツーリズム」としてバンコクが取り上げられています。ただ、新たな潮流と題されていますが、当社は10数年前から、タイとしてはそれより前から取り組んでおり、その当時から多くの国外の方々に利用されていました。

当社では日本で保険の効かない治療・検査(人間ドック)を中心にご案内しています。人間ドックであれば検査内容にもよりますが、半日程度で終わります。

興味を持っていただけた方は、お気軽に下記までお問い合わせください。


ディープラス
Eメール:info@dee-plus.com
電   話:045-326-6427

タイ政府観光庁主催研修旅行に参加してきました

タイ政府観光庁が、Thailand Best Friend Foreverと題して行った研修旅行に参加してきました。7月24日〜28日までの日程で、日本から約100名、世界中から約1,000名をを集めた大規模なものでした。

デモ・戒厳令・クーデターと観光客に対してネガティブな発信ばかりが続いていたタイですが、実際には観光には何の支障もない現在の状況を各国の旅行会社やメディアの関係者に見てもらうことを目的に開催されました。

thailand street festival  Thailand Best Friend

バンコクに全参加者が集まり、海軍大将(現在はまだ軍政下にあるため)やタイ政府観光庁の総裁から挨拶と現状の説明、ビデオプレゼンテーションが行われました。その後は国によって訪問先は違うようですが、私が参加したグループはパタヤ・ラヨーン地方へと向かいました。

タイでのマラソンをPRすることも目的の一つで、私は走りませんでしたが、ちょうどその時期に行われたパタヤマラソンへ参加した方もいらっしゃいました。暑いタイですので、スタートは夜明け前です。毎日朝から夜までかなりハードな日程をこなした上でのマラソンですから凄いですよ、ほんと。

参加しての感想ですが、現状は観光に何ら全く支障はありません。そもそも、デモのニュースがメディアに流されていた時でも、夜間外出禁止令等により多少の不便はあったものの、デモ隊が集まっている所以外は危険など感じることもなくいたって日常の生活が行われていたんです。

と言うわけで皆さん、タイ、大丈夫ですよ!観光客が減っている今が逆に狙い目だと思います!

観光や出張に合わせて人間ドック・歯のホワイトニング・歯のセラミック治療・人工透析等、ご興味のある方は下記までお気軽にお問い合わせください。

ディープラス
Eメール:info@dee-plus.com
電話:045-326-6427

バンコク旅行+人間ドック・歯のホワイトニング

ゴールデンウィークにバンコクに行かれる方も多いのではないでしょうか?そこで、通常の観光に人間ドックや歯のホワイトニングを加えるご提案です。

サミティベ外観

日本よりも割安な料金でお受けいただけるだけでなく、所要時間は人間ドックで約半日、歯のホワイトニングで約1時間ですので、ちょっとした空き時間でご利用いただけます。どちらもバンコク中心部のスクンビット地区でお受けいただけますので、大変便利です。

どちらも日本語通訳をご利用いただけますし、人間ドックの報告書は日本語で発行されますので言葉の心配もご無用です。

旅行のついでにご自身の健康管理も合わせて如何ですか?詳細・お問い合わせは下記までお気軽にどうぞ。


ディープラス
  人間ドック
  歯のホワイトニング
電話:045-326-6427
Eメール:info@dee-plus.com

タイの観光大臣、タイ観光正常化を表明

JUGEMテーマ:旅行

McDonald

旅行業界紙トラベルビジョンによると、タイ国スポーツ観光大臣のチュンポン・シンラパ・アーチャー氏は12月13日、タイ国政府観光庁(TAT)主催の「ビューティフル・タイランド・メガFAM」のレセプションでスピーチをし、観光地における大洪水の終息と、観光地および観光サービスが各国からの観光客を歓迎する体制にあることを強調しました。

同大臣は、洪水の影響のあった観光地の大部分が既に通常営業していることをアピール。影響の大きかったアユタヤの世界遺産についても「清掃が完了し、観光客も戻りつつある」と観光客の受け入れ準備ができていることを表明。また、タイ国保健省と世界保健機関(WHO)が、洪水による感染症の増加や感染リスクの拡大がないと確認したことを説明しました。

今後、タイ国政府観光庁では観光復興のために、各マーケットに合わせたキャンペーンやプロモーションを実施していく予定とのことです。日本ではどの様なキャンペーンやプロモーションが実施されるのか楽しみですね。


ディープラス
Eメール:info@dee-plus.com
電  話:045-823-4590

タイ国際航空、日本人CA28名採用

JUGEMテーマ:旅行

タイ国際航空によると、同社は日本人客室乗務員(CA)28名を新たに採用しました。

この採用は、3年ぶりのものとのことです。新たに採用された28名は、既に日本を離れ、バンコクのトレーニングセンターでの研修に入っています。今後、実地訓練を経て、日本−タイ線を中心に乗務する予定です。今回の採用と合わせて、同社の日本人客室乗務員は総勢約90名となります。

日本人客室乗務員の増員により、今後、日本語サービスの更なる充実が期待できそうですね。

洪水の影響もバンコク中心部には及びませんでした。乾期に入って過ごしやすくなったバンコクを訪れる予定のある方は、お得に人間ドックや歯のホワイトニングも滞在中に如何ですか?詳細は以下のリンク先でご確認ください。お問合せも下記までお気軽にどうぞ。


ディープラス
Eメール:info@dee-plus.com
電  話:045-823-4590

今が行き時ですよ、タイ!

椰子の木ほぼ南端のビーチ








皆さんの中には、タイ或いはバンコクは昨年の空港閉鎖以降危険だから行かない方がいいと考えている方も少なからずいるのではないでしょうか?しかし、果たしてそうなのでしょうか?

私はバンコクへの出張から日曜日に戻ってきたのですが、現地で情勢不安、そこから来る混乱や危険を感じたことは一度もありませんでした。市民生活や旅行客の行動も以前と比べて何の変わりもありませんでした。テレビや新聞はショッキングで人々を引き付ける様な題材を中心に報道しますからね。

ただ違うのは旅行客の少なさでした。日本だけではなく、他国からの旅行客もまだ戻って来てはいないようです。その結果として、今タイに行く人達はかなりお得に旅行できる状態となっています。バンコクだけでなくプーケットやサムイ島などのリゾート地のホテルもかなり大胆な料金を出しています。そしてさらに日本発の航空券料金でもシンガポール航空から驚きの価格が出てきました。

成田発バンコク往復が7月13日までなんと、25,000円(諸費用は別途加算されます)です。絶対お得です。

私は、3泊4日でクラビ空港から2時間程の所にあるランタ島へ行ってきました。フェリー
こんなフェリーを2回乗り継いで島に渡ります

雨季ではありますが、日本の梅雨の様に雨が1日中降り続ける事はあまりありませんので、雨は降りましたがそれなりに楽しめました。宿泊客が少ないお陰で、私はビーチに面した予約したコテージのカテゴリーの中でも最もいい立地の所に泊まることができました。宮崎の完熟マンゴーは食べたことがありませんが、ここで食べたマンゴーは甘くて柔らかくて絶品でした。因みに私の泊まったリゾートはこちらです。

お問合せはディープラスまで
Eメール:info@dee-plus.com
電 話:045-823-4590

タイ航空、燃油付加運賃ほぼ半額へ!

タイ国際航空このところ大幅に値を下げている原油価格を反映して、タイ国際航空は、日本−タイ間の燃油付加運賃(現在往復US$200、約2万円)を2009年1月1日発券分からほぼ半額(往復US$110、約11,000円)に値下げすると発表しました。

1月3日〜2月12日の間の成田発の場合、同社のスーパーバリュー バンコクという料金を利用すれば諸費用全て込みでも往復約6万円とかなり安くなります。

また、航空券が安くなるだけではなく、円高はドルだけでなくバーツに対しても進行していますので、現地滞在費用やお買物も大変お得にお楽しみいただけます。1年半前と比べるとほぼ30%も円高になっていますので、その分よりグレードの高いホテルに宿泊したり、ちょっと豪華なお食事を楽しまれるのもいいのではないでしょうか?

観光だけでなく、円高を利用してご自身の健康管理(人間ドック)審美歯科(歯のホワイトニングやセラミック治療)もお得にお受けいただけます。日本では保険の利かないセラミックの被せ物など日本の約半額です。信頼の置ける病院で、日本よりも快適にお受けいただきます。タイの医療って大丈夫なの?とお考えの方、百聞は一見に如かずです。

さらに、この時期は気候的にもベストシーズンなんです。乾季ですので雨は降りませんし、皆さんが思っているほど暑くもないんです。特に朝夕はとても過ごしやすくなります。

「航空券の値下がり」、「円高バーツ安」、「ベストシーズン」。条件はかなりいいです!


お申込・ご質問等はお気軽に下記までご連絡下さい。
ディープラス
電話:045-823-4590
e-mail:info@dee-plus.com



社員旅行で人間ドック

タイへの社員旅行に人間ドックを組み合わせて従業員の方々の健康管理にお役立て下さい。

サミティベ外観サミティベート病院タイでは日本と同等の人間ドックをより快適に、より安価にお受けいただくことができます。当社がご紹介しているサミティベート・スクンビット病院は、タイでも指折りの私立総合病院で、患者の多くはタイ在住外国人及びタイ人富裕層です。建物内外の造りから職員のサービスに至るまで日本の一般的な病院のイメージからは掛け離れています。

この様なことが可能なのも、日本では一般的に認められていない株式会社による病院運営がタイでは認められているからです。この様に、一般的な観光では知ることもない、日本とは違うシステムで運営されている現地の病院を実際に利用してみるのも面白い経験ではないでしょうか。同病院には日本人職員も常駐していますので、言葉の心配もご無用です。英語やタイ語ができなくても、日本語通訳が手続きの際や診察の際の医師との会話を通訳いたしますので問題なく検診をお受けいただけます。また、検診結果報告書も日英併記で作成され、日本のご指定の住所まで郵送されます。

ご利用いただければ、皆さんが一般的に持たれているであろうタイの病院のイメージは間違いなく変わると思います。

折角海外に出た機会を利用して、より少ない経費での社員の方々の健康管理にも是非お役立て下さい。


お問合せは下記までお気軽にどうぞ。航空券、宿泊等の手配も承ります。
ディープラス
電話:045-823-4590
e-mail:info@dee-plus.com



カオラック(プーケットの近くのリゾート地)に行ってきました

Kaolak Beachカオラックは数年前のあの津波でかなりの被害を受けた地域ですが、今はボランティア・センターや津波博物館(と言ってもパネル展示10枚位、短いビデオ映像を流している15畳程の簡素なもの)が有る程度で、その面影は殆どなくすっかり回復しているようです。

プーケットから北へ車で約1時間のまだ静かな海沿いの町です。空港からはタクシーで行き1,200バーツでしたが、空港内にカウンターを出している送迎サービス会社で聞いてみると1,500バーツとのことでした。どちらにしても、バンコクと比べるとかなり高いですよね。往復で2,400バーツ掛かることを考えると、空港でレンタカーを借りちゃっても良かったなと後から思いました。空港からカオラックへの道も分かりやすと思います。

プーケットやサムイ島の様に賑やかな繁華街もなく、ちょっとしたメインストリートの両側に色々なお店が集まっている程度ですが、ホテルはそこそこの数がありました。旅行者のほとんど9割以上が所謂欧米人のようでした。欧米の中でもヨーロッパ人が多いようです。ホテルの外でも日本人を含むアジア系の旅行者を見ることはありませんでした。ただ、通りに面したゲストハウスで「旅館」(実際は中国の簡体字だと思います)と言う看板を小さく掲げている所があったので日本人或いは中国人の経営なのかと思い、ちょっと話を聞いてみようかと思い中に入ってみましたがちょうど従業員の人は誰もいなくて話を聞くことは出来ませんでした。因みに、私の泊まったホテルはカオラック・マーリン・リゾート Khaolak Merlin Resortというホテルで、宿泊客のほとんどはドイツや北欧からのようでした。

Kaolak Beach2Kaolak Merlinそのホテルはビーチに面して建っており、ビーチと建物の間には芝生が広がり、そこにはビーチ・チェア(ベッド?)が配置されています。ビーチパラソルの下では、爽やかなそよ風が常に吹いていて、それ程の暑さも感じずとても気持ちが良かったです。ビーチはきれいで、夕方にビーチチェアに寝そべり夕焼けを見ながら飲むビールは格別ですよ。ほんと。プールは幾つかあるのですが、その内の一つのプールへは私の泊まった部屋から直接入れるようになっていてちょっとしたプライベート感覚を味わえます。夕食後や朝食前に部屋から直接プールに入るのは結構気持ちいいもんです。また、バスルームの広さにもちょっと驚きました。無駄に広い感じで8畳位はあったんじゃないかと思います。セーフティーボックスもバスルームの中でした。そこまでバスルームは広くなくていいから、その分ベッドルームが広い方がいいですよね?もったいない空間の使い方ですね。

レストランもビーチに近い所とロビーの近くの2ヶ所にあり、ビーチ・チェアまで運んでもらうことも出来ます。リゾートですよね。朝食もかなり充実していて、洋食だけでなく中華風のものもあり、ちょっと遅めに10時頃しっかり食べれば夕食まで全然OKです。

ホテルの外を見て歩くにはレンタバイクが便利です。1日200バーツ〜とかなり安いです。レンタバイクを使わない場合、ピックアップ・トラックを改造したタクシーがあるのですが、これは高いです。プーケットと同じですね。私のホテルからメインストリートまで10分弱でしたが、それで150バーツもしました。バイクを借りる方が便利ですし、かなり安くなります。ただ、私の借りたバイクがハズレだったのかもしれませんが、ガソリンがガンガン減っていくのには参りました。小さな町でそれ程走ったわけでもないと思うのですが。夕飯を食べてホテルに帰ろうと思ったのですが念の為にと思い、街の外れにあるガソリンスタンドへ行ったのですが、なんと既に閉店。ヤバイなと思いながらホテルへ向かってゆっくり走り出したら、ちょうど道端に瓶に入れたガソリンを売っている雑貨屋のような所があったので迷わず給油。ガソリンスタンドはバンコクの様に遅くまで開いていませんのでご注意を。

このホテルでの滞在はかなり満足できましたが、満足できなかった点が2点。一つは、海の透明度がほとんど無いこと。ビーチの砂は白くて、海の色はエメラルド・グリーンではた目にはきれいなのですが、実際に海に入ると透明度がほとんどありませんでした。これはちょっとがっかりです。二つ目は、朝早くからちょうど真上の部屋の清掃が始まって、メイドがズカズカ歩く音、家具をずらす音、掃除機を掛ける音等がかなり聞こえたことです。せめて9時位までは静かにしてもらいたいですよね。ただ、その旨苦情を言ったところ、翌日はそいうことはありませんでした。

カオラック、全体的にはお勧めです。特に騒々しい所があまり好きではないカップル、家族連れの方にはいいと思います。あと、スクーバ・ダイビングをされる方にもお勧めですね。カオラックは、かなりの大物にも遭遇できる確率が高いシミラン島へのダイビングの基地にもなっていますから。

お問合せ:ディープラス
e-mail:info@dee-plus.com
電  話:045-823-4590



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM